忍者ブログ
おはようからおやすみまでピカチュウを見つめる とあるピカチュウ好きのブログでお送りします 
こども「ごしごーし、ごしごーし」
男(21)「おうおう坊や、ボール磨きとは偉いな」
こども「うん!みてみて、きれいでしょ!!」
男(21)「う~む、まだ汚れが落ちとらんなぁ」
こども「わかった!もっとあらってみるね!!」

― 30分後 ―

こども「ごしごーし、ごしごーし」
男(21+30分)「おうおう坊や、まだ磨いとったか」
こども「うん!みてみて、きれいでしょ!!」
男(21+30分)「うーむ、まだ落ちとらんなぁ」
こども「わかった!もっともっっとあらってみるね!!」


― 1日後 ―

こども「ごしごーし、ごしごーし」
男(21+24時間の寿命消費)「おうおう坊や、まだ磨いとったか」
こども「うん!1にちじゅうココでずっとみがいたんだ!きれいでしょ!!」
男(21+24時間の寿命消費)「うーむ、全然落ちとらんなぁ」
こども「おじちゃんきれいずきだね!もっともっとたくさんあらってみるね!!」

― 10年後 ―

こども「・・・」(ゴシゴシ、ゴシゴシ)
男(31+10年のニート屑生活堪能中)「ん?キミはあの時の坊や?!まだ洗ってたのか!!」
こども「ずっと、あらってたんです、どうでしょうか?」
男(31+10年のニート屑生活堪能中)「うーむ、かなり綺麗になったが・・・まだだな」
こども「おじさんのきれいずきはいじょうだなぁ・・・それじゃぁ、もっとあらうね」

― 100年後 ―

こども「ごしごーし、ごしごーし」
男(転生してなおクズなニートの21歳)「・・・!?!?!お、お前は・・・もしや・・・」
こども「・・・前世の記憶が無くなっても、このボールとおじさんの事、忘れてませんでした」
男(転生してなおクズなニートの21歳)「そ、そうか・・・ずっと、この場所で、そのボールを洗ってたのか・・・」
こども「綺麗好きなおじさんに認められるまで、ずっと洗っておきました
     それが、前世からの使命、そしてこれからの、使命・・・」
男(転生してなおクズなニートの21歳)「クッ!!坊やと言う奴はなんて健気な・・・ッ!!それなのに俺は・・・ッッ!!」
こども「・・・おじさん!!」



男(転生してなおクズなニートの21歳)「!?」

その軟式ボールは確かに綺麗だった
まるで少年の心のように綺麗だった
俺の心には到底届きそうにもない程の綺麗なボール
この綺麗なボールが出来たのは俺のたった一つの我儘で人生を費やしてまで磨いてくれた少年の手だった

けど、やはりこのボールは汚かった
俺は少年に対して何か言おうとした時、少年は俺の思考を読んだのか、先に喋りだした

こども「・・・ずっと磨いてるんですけど、全然落ちないんですよね・・・
     ずっと磨いても全く落ちないんです・・・」
男(クズから浄化しようとしているニートの21歳)「・・・」
こども「けど、落とす方法、見つけました」
男(クズから浄化しようとしているニートの21歳)「・・・なんだと!?」
こども「はい、このボールの汚れを消す方法は前世の時から見つけたもの・・・
     けど、おじさんにその忌わしい汚れの消し方を見てみたかったんだ
     だからずっとおじさんを待ってた
     ・・・そして、待ってた甲斐がありました」
男(クズから浄化しようとしているニートの21歳)「そうか・・・」
こども「今から、消して見せますね!」






拍手[0回]

PR
こども「ごしごーし、ごしごーし」
男(21)「おうおう坊や、ボール磨きとは偉いな」
こども「うん!みてみて、きれいでしょ!!」
男(21)「う~む、まだ汚れが落ちとらんなぁ」
こども「わかった!もっとあらってみるね!!」

― 30分後 ―

こども「ごしごーし、ごしごーし」
男(21+30分)「おうおう坊や、まだ磨いとったか」
こども「うん!みてみて、きれいでしょ!!」
男(21+30分)「うーむ、まだ落ちとらんなぁ」
こども「わかった!もっともっっとあらってみるね!!」


― 1日後 ―

こども「ごしごーし、ごしごーし」
男(21+24時間の寿命消費)「おうおう坊や、まだ磨いとったか」
こども「うん!1にちじゅうココでずっとみがいたんだ!きれいでしょ!!」
男(21+24時間の寿命消費)「うーむ、全然落ちとらんなぁ」
こども「おじちゃんきれいずきだね!もっともっとたくさんあらってみるね!!」

― 10年後 ―

こども「・・・」(ゴシゴシ、ゴシゴシ)
男(31+10年のニート屑生活堪能中)「ん?キミはあの時の坊や?!まだ洗ってたのか!!」
こども「ずっと、あらってたんです、どうでしょうか?」
男(31+10年のニート屑生活堪能中)「うーむ、かなり綺麗になったが・・・まだだな」
こども「おじさんのきれいずきはいじょうだなぁ・・・それじゃぁ、もっとあらうね」

― 100年後 ―

こども「ごしごーし、ごしごーし」
男(転生してなおクズなニートの21歳)「・・・!?!?!お、お前は・・・もしや・・・」
こども「・・・前世の記憶が無くなっても、このボールとおじさんの事、忘れてませんでした」
男(転生してなおクズなニートの21歳)「そ、そうか・・・ずっと、この場所で、そのボールを洗ってたのか・・・」
こども「綺麗好きなおじさんに認められるまで、ずっと洗っておきました
     それが、前世からの使命、そしてこれからの、使命・・・」
男(転生してなおクズなニートの21歳)「クッ!!坊やと言う奴はなんて健気な・・・ッ!!それなのに俺は・・・ッッ!!」
こども「・・・おじさん!!」



91277c87.png




男(転生してなおクズなニートの21歳)「!?」


その野球ボールは確かに綺麗だった
まるで少年の心のように綺麗だった
俺の心には到底届きそうにもない程の綺麗なボール
この綺麗なボールが出来たのは俺のたった一つの我儘で人生を費やしてまで磨いてくれた少年の手だった

けど、やはりこのボールは汚かった
決して少年が磨いたボールが汚い訳じゃない・・・

加藤良三
この忌わしい名前がある限り、このボールはずっと穢れたまま・・・

俺は少年に言おうとした時、少年は俺の思考を読んだのか、先に喋りだした

こども「・・・この名前、全然落ちないんですよね・・・
     ずっと磨いても全く落ちないんです・・・」
男(クズから浄化しようとしているニートの21歳)「・・・」
こども「けど、落とす方法、見つけました」
男(クズから浄化しようとしているニートの21歳)「・・・なんだと!?」
こども「はい、この名前を消す方法は前世の時から見つけたもの・・・
     けど、おじさんにその忌わしい名前の消し方を見てみたかったんだ
     だからずっとおじさんを待ってた
     ・・・そして、待ってた甲斐がありました」
男(クズから浄化しようとしているニートの21歳)「そうか・・・」
こども「今から、消して見せますね!」















 


拍手[0回]

今 トイレを求めて全力疾走している僕は杉から生まれたごく一般的なスギ花粉
強いて違うところをあげるとすれば、粒子(男性)に興味があるってとこかナ――
名前は多田野杉花粉
 
そんなわけで帰り道にある公園のトイレにやって来たのだ
 
ふと見るとベンチに一粒のPM2.5が座っていた
ウホッ!いい粒子状物質・・・
そう思っていると突然その男は僕の見ている目の前でそれを晒しだした
 
「 や ら な い か 」
 
 
 
 
そういえばこの公園はハッテン場のトイレがあることで(粒子世界の中では)有名なところだった
イイ粒子に弱い僕は誘われるままツブツブとトイレについて行っちゃったのだ
 
彼――ちょっとワルっぽい中国産でP・エム・仁伍と名乗った
ホモ・セックスもやりなれてるらしく、トイレに入るなり僕は素肌に・・・既になってるんだった
 
仁伍「よかったのか?ホイホイついてきて
   僕はアスベストだって構わないで食っちまう粒子なんだぜ」
杉花粉「こんなこと初めてだけどいいんです・・・
     僕、仁伍さんみたいな公害物質好きですから・・・」
仁伍「嬉しいこと言ってくれるじゃないの
 それじゃあ、とことん喜ばせてやるからな」
 
言葉通りに彼は素晴しいテクニシャンだった
僕はというと人間の鼻に入るような快感の波に身を震わせて悶えていた
 
しかしその時、予期せぬ出来事が・・・
 
人間「うおお・・・漏れそうだ・・・」
杉花粉「うっ・・・!」
仁伍「ん?出そうか?意外に早いんだな」
杉花粉「ち、違う・・・実はココ5日間、人間の体内に入ってないんです・・・
    公園のトイレに来たのも人間を待つ為で・・・」
仁伍「そうか・・・」
 
仁伍「いいこと思いついた
   オマエ、俺と合体しろ」
杉花粉「えーっ!?仁伍さんと合体ですかァ?」
仁伍「男は度胸!何でもためしてみるのさ
   きっと人間にとって脅威な存在になれるぜ
   ほら、遠慮しないで入れてみろよ」
 
彼はそういうと逞しい尻を僕の前につきだした
自分の方がはるかに大きいのに僕を入れさせるなんてなんて公害物質なんだろう・・・
しかし彼の堅くひきしまった輪郭をみているうちにそんな変態じみた事を試してみたい欲望が・・・
 
杉花粉「それじゃ・・・やります・・・」
 
クン・・・ズ!ズズ!シュグ・・・
 
杉花粉「半分・・・入りました・・・」
仁伍「ああ・・・次は全部だ・・・」
杉花粉「それじゃ・・・入ります・・・」
 
ズズ・・・

バァン!!!
 
僕らは破裂し、粉々になった
そして僕らは新たにPM1.0という存在となった
 
これを見た他の花粉とPM2.5も真似るようになった
 
そして気付いたら日本の人口の殆どが花粉症に似た症状を出した
 
まだ、雪解けの気配が感じられぬ3月中旬
僕らの脅威は、始まったばかりだ・・・
 
 
 
終わり


拍手[0回]

匠「ココ人多すぎてせっかくの開放感がまるで台無しですね
  そんな時は私がなんとかしましょう(ニッコリ)」


takumi.png



































元ネタ



拍手[0回]

カウンター
更新履歴

2017/12/31 nitiha.netに移転
2017/09/13 新企画【チョコプレート】始動
2017/06/04 nitiha.netの移転作業開始
2015/12/28 ポケモンX日記1話始動
2015/07/31 ポケモンOR日記完結
2014/12/05 ポケモンOR日記始動
2014/06/07 マグナゲート日記始動
2014/05/31 ポケモンY日記完結
2014/01/22 現シーズンのマイクラ大道路始動
2013/10/17 ポケモンY日記始動
2013/03/03 サイパン写真公開
2012/06/24 ポケモンB2日記始動
2012/06/09 1期マイクラ大道路始動
2011/12/30 パワポタ2010ペナント日記始動
2011/01/02 ブログ名を現在の「黄色に(ry」に変更
2010/09/19 ポケモンB日記始動
2010/04/04 サイト「紺色世界」とブログ統一
2009/09/14 CGIブログから現在のURLに移転
2009/09/12 ポケモンHG日記始動
2007/04/21 FC2にてブログ設立
最新コメント
[02/09 keione]
[12/21 にちは]
[12/17 かえで]
[08/09 にちは]
[07/31 氷柱]
アーカイブ
Twitter
プロフィール
HN:
にちは
性別:
男性
職業:
製造業
趣味:
ゲーム
自己紹介:
ピカチュウ可愛いけど、サンゴにゃんも可愛いよ!!
自分リンク
Twitter
現在の活動拠点

twilog@nitiha(旧アカ)
twilog@niti_ha(現アカ)
ツイッターログはココで見れます

ツイプロ@nitiha
とりあえず自己紹介的な何か

ask.fm@niti_ha
質問サイト
変な答えが来ても怒らない

アクセス解析
©   2007-2017 黄色に、そして黄色になりたい   All Rights Reserved
Design by MMIT simple_plain 忍者ブログ [PR]